結婚式を撮影するときの必要な準備について

結婚式の写真撮影で絶対おさえたいシーンと撮り方のコツ

結婚式では様々なシーンを写真におさめたいものです。その中でも、特にこれは撮影しておきたいというシーンがあります。

まず、何といっても花嫁の入場シーンです。定番シーンですが、上手に撮影するためには位置取りが重要です。バージンロードを一歩一歩進んでいく花嫁の姿を綺麗に撮影するには、後ろの方の通路側の席を押さえるのがおすすめです。参列者の様子も撮影するのを忘れないようにしましょう。

挙式前の様子も欠かさずに撮影しましょう。挙式前の会場の様子を新郎新婦はなかなか目にすることができません。そのため、参列者が楽しんでいる様子を残してあげることで、後から見て喜んでもらえます。また、挙式前の花嫁姿もおさめておきたいシーンです。式前のリラックスした姿を撮影するチャンスです。

披露宴では、やはりケーキ入刀とファーストバイトはしっかり撮影しましょう。新郎新婦の表情を正面から撮影することと、連写モードにしておくことを心掛けたいです。どちらとも撮影シーンが短いので、ベストショットを撮り逃さないようにするには連写モードが適しています。披露宴中の新郎新婦はもちろんですが、参列者の様子も撮影しておきましょう。新郎新婦が選んだ料理や小物などの装飾品も、おさめておきたい1枚です。

最後に、花嫁の後ろ姿もしっかりと撮影しておきましょう。ウェディングドレスは、後ろ姿もデザインが素敵です。何より花嫁が直接見るのが難しいので、写真に残しておくと喜ばれます。